箕面マウンテンバイク友の会

トレイルでの共生を目指して 〜Share the trail〜

あまり知られていないことですが、みなさんがMTBやハイキングを楽しんでいる箕面の山は、複数の地権者が存在する他人の土地です。
厳密に言えば、市民の公共の財産ではありません。

現時点では禁止されていませんが、今後も自転車で走行する権利を保障されている土地ではありません。
箕面マウンテンバイク友の会は、地域、 箕面山麓部のトレイルに関わるすべての人、行政と良好な関係性を築き、信頼関係を得ることにより、
いつまでも箕面のトレイルでマウンテンバイクを楽しむことができる環境作りを目指しています。

また友の会のトレードマークは、熊よけ鈴をイメージしています。
箕面マウンテンバイク友の会では、トレイルでの鈴の装着を推奨しています。
トレイルの中では、マウンテンバイクが近づく音は意外と聞こえにくいものです。
鈴の音によりハイカーにマウンテンバイクの居場所を早めに知らせることで、お互いが安心して通行できるよう心がけましょう。